お風呂 有効活用

お風呂の有効活用

エステサロン

現在ではお風呂のグッズが充実して、

よりエステ感覚を自宅のお風呂でも
味わえるようになっていきました。

 

その中でも簡単にできるのは入浴剤です。
入浴剤は身体を温め、新陳代謝を
高める効果があり、冷え性や身体の
凝りの改善にも効果があります。

 

発汗を促す入浴剤や香りを楽しむ
入浴剤、美容液などを含んだ美肌に
効果のある入浴剤などもあります。

 

入浴剤は特に寒い冬などにはとても
効果があり、湯冷めしにくいと
言われています。

 

また、仕事でパソコンなどを使い、
目の疲れを和らげたい場合はタオルを
お湯に浸して、目の上にのせ、
自分の好きな香りの入浴剤やアロマオイルなどの
入った湯船に入ると、とてもリラックスでき、
身体の疲れも和らぎます。

 

お風呂に入ることにより、ダイエット効果もあります。
湯船に入りながら小顔マッサージや、
セルライトに効果のあるマッサージ器具などの
グッズなどもあります。

 

湯船に塩を入れることで発汗作用がアップするとも言われています。
お風呂の温度も重要です。ゆっくりと疲れを癒したい場合には、
38℃から40℃くらいのぬるめのお湯に少し長めに入ります。

 

ダイエットの場合はやや熱めの42℃〜43℃のお湯に
下半身浴で短時間入ると良いと言われています。

 

そして、ダイエット効果をより高めたい場合には、
湯船に5分ほど入り、洗い場で小休憩を何度が
繰り返す反復法によって、かなりの汗をかくことができますから、
よりカロリーを消費することが可能になります。この反復法は
自分の体調が悪い場合は、のぼせてしまうこともあるので、
無理をしないように注意することが必要です。そして、
入浴後には水分を取り脱水症状にならないよう注意しなければいけません。